追加投資の必要なし

追加投資の必要なし

Rommelag CMO では、BFS 技術への、迅速で簡単なアクセスを提供しています。BFS に必要な GMP 環境や、機械の操作、メンテナンスに必要な人材に、追加投資する必要はありません。50 年以上におよび培ってきた BFS 無菌システム充填における経験、ボトルパック システムの開発者としてのノウハウを基盤とした完全なるインフラストラクチャーを、私達が提供させていただきます。

Rommelag CMO および BFS 技術が提供する様々な可能性を、ぜひご自身の目で確かめてみてください。

BFS 充填システムのメリット

BFS 充填システムのメリット

  • 高透明性
  • コンパクトに収納可能
  • 一体型システム
  • 軽量
  • 高耐久性
  • スタンド式
  • オプションで懸架式も可能
  • 低生産コスト
  • 様々なキャップ/ 栓に対応
  • PP、PE、CoEX 製
  • 偽造防止
  • 認証されたデザイン
  • 可変充填量
  • 様々な使用、配合フォームへのカスタマイズ可
  • 低粒子製造
  • その他

製品を充填

Rommelag CMO の 50 機のボトルパック システムは、充填量 0.04 ~ 10,000 ml、無菌にて、製薬産業における全規制に準拠したうえで、様々なフォーム、樹脂コンビネーションの容器充填を行うことができます。Rommelag CMO の柔軟性、精度、信頼性、そして無限に広がる Rommelag CMO システムの可能性を、ぜひ、御社のビジネスに活用してください。

BFS プロセス

容器を成形、製品を充填、完全に密封します。一体型の作業プロセス。ビデオにて、そのメリットをご覧ください。

BFS:無菌に関する A to Z

BFS プロセスは、無菌ポリマーチューブを、システムに直接、押出加工することから始まります。その後、容器は成形、充填、密封され、型から取りだされます。単一の作業プロセス、統合型システムにて、外部から手を加えることなく、全ての作業を行うことができます。BFS技術を搭載したボトルパックシステムは、先進無菌プロセシンとして知られており、顧客のニーズに対応したフォームを、的確に成形することが可能です。

押出加工

押出加工

粒子でできたプラスチック チューブが、鋳型で押出加工されます。

成形

成形

鋳型が閉じられ、底面が溶接されます。マンドレルが、鋳型のネック部分に差し込まれ、チューブ部分に圧縮空気が吹き込まれます。小型容器の場合は、バキュームで成形されます。

充填

充填

配合システムで正確に測定された量の液体、および半固体が、マンドレルで、容器に充填されます。

密封

密封

マンドレルを上昇し、取り除いたら、ヘッド モールドを閉じ、真空状態を活用して、希望の密閉システムに仕上げます。

デモルディング

デモルディング

鋳型を開き、システムから容器が取り除かれ、新たな成形サイクルが繰り返されます。完成した容器は、コンベアシステムで次の加工プロセスへと運ばれます。