BFS ソリューション

BFS ソリューション

Rommelag のボトルパック システムは、充填量 0.04 ~ 10,000 ml、無菌にて、製薬産業における全規制に準拠したうえで、様々な形、樹脂コンビネーションのボトル充填を 1 時間に 34,000 本処理することが可能です。素晴らしい!と思いましたか?当社のお客様も、そう感じていらっしゃいます。そして、私達の柔軟性、精度、信頼性、そして無限に広がる BFS 技術の可能性に、ご満足頂いています。

BFS:無菌に関する A to Z

BFS プロセスは、無菌ポリマーチューブを、システムに直接、押出加工することから始まります。その後、容器は成形、充填、密封され、型から取りだされます。単一の作業プロセス、統合型システムにて、外部から手を加えることなく、全ての作業を行うことができます。労力を必要とするロジスティクスや、時間がかかる容器の洗浄、無菌プロセスは、必要ありません。

配合システムを含む充填システム全体は、CIP/SIP のために考案されています。つまり、製造ライン全体が自動プログラムにより制御されており、自動で、加圧スチームでの洗浄、滅菌、そして無菌フィルター エアでの乾燥が行われるのです。だからこそ、ボトルパック技術は、最も完全な無菌状態を確保できる充填方法であると言うことができるのです。

BFS プロセス

容器を成形、製品を充填、完全に密封します。一体型の作業プロセス。ビデオにて、そのメリットをご覧ください。

押出加工

押出加工

粒子でできたプラスチック チューブが、鋳型で押出加工されます。

成形

成形

鋳型が閉じられ、底面が溶接されます。マンドレルが、鋳型のネック部分に差し込まれ、チューブ部分に圧縮空気が吹き込まれます。小型容器の場合は、バキュームで成形されます。

充填

充填

配合システムで正確に測定された量の液体、および半固体が、マンドレルで、容器に充填されます。

密封

密封

マンドレルを上昇し、取り除いたら、ヘッド モールドを閉じ、真空状態を活用して、希望の密閉システムに仕上げます。

デモルディング

デモルディング

鋳型を開き、システムから容器が取り除かれ、新たな成形サイクルが繰り返されます。完成した容器は、コンベアシステムで次の加工プロセスへと運ばれます。

BFS 技術のメリット

  • 耐破損性プラスチック容器
  • 液体およびジェルの無菌充填に最適
  • ISO クラス 5 条件の充填ポイントに準拠した最高クラスの安全性
  • BFS 技術の開発者および市場トップ
  • 先進無菌システムとして公的に認証
  • 一連の作業プロセスにて全自動成形、充填、密封
  • プロセス、製造の高い安全性
  • 高い充填精度
  • 無限に広がる容器デザインの可能性
  • 様々な用途、配合量をカスタマイズ
  • モジュール式デザインによるグレイおよびホワイト システム ゾーンの簡単な分離
  • 標準的充填における最小限の装備スペース
  • 洗浄、滅菌プロセスの自動制御
  • その他

開発者自身が提供するオリジナル BFS

ボトルパックといえば、成形同時充填技術の開発者の妥協を許さない最高のクオリティです。ドイツのエンジニア精神、そしてスイスの精密性により、お客様のニーズをパーフェクトに反映した包装を確実に行います。小さなアンプルから大きな容器まで、どんなニーズにも、全力で対応させて頂きます。